濱田諭のブログ

2012/01/19

有名人離婚報道に思う★

 濱田です。また有名人の離婚報道がされていますね。http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20120119-891662.html

 この記事を見ると離婚条件について話合いがまとまっていて、本日付で離婚が成立するという話ですが、この記事を見てよくわからないことがあります。

 「代理人が裁判所に離婚の合意を申請し、そのまま受理されることになる」って一体?

 離婚調停中であるなら、離婚調停期日が本日開かれて、そこで双方の代理人弁護士が出頭して、既に合意が出来ている内容を裁判所に伝えて調停を成立させるということだと思います。

 離婚調停の場合、調停を成立させる場面では代理人だけではなく当事者も同席するように家裁の調停委員や審判官に言われることが多いのですが・・・本件では違うんですかね?

 慰謝料が発生しない離婚協議がまとまった(調停が成立しそうだ)からといって、円満解決というのもちょっと。

 本件では妻の方が毎月1,000万円の養育費を夫側に要求しているという報道がなされていました(真偽は別にして)。

 本件においてどういう根拠に基づいて、どれくらいの金額の養育費を支払うことで話がまとまったのかの方が離婚問題を多く扱う私としては気になるところです。

 それにしても慰謝料を支払わずとも、養育費として相当程度の金額を毎月支払うことになったら夫側としては大変でしょうね。