濱田諭のブログ

2013/10/08

片想い

 浜田です。

 最近、東野圭吾の小説の書評ブログも化しつつありますが・・気にしない、気にしない。

 今回は「片想い」・・・性別、ジェンダーといったテーマを取り上げた本作は読み進めるのになかなか苦労しました。

 主人公も含めて大学時代のアメフト部の仲間が主要な登場人物ですが、在学当時のポジションが個人の性格を反映しているというのがちょっと興味深かったですね。

 物語のキーマン(キーウーマン?)が主人公を「QB」(主人公は在学当時、クォーターバックだったため)と呼ぶのに違和感が・・

 他の作品に比べると後味の悪さでも、謎解き等によるカタルシスでもちょっと中途半端な感じで、あまり好みではありません。

 ただ、非常に難しいテーマを取り上げながらも最後まで読者を惹きつける作者の筆力はさすがだなと思いました。

 なお、この作品の映像化は色々な意味で非常に難しいんじゃないかなと思います。

 「片想い」(東野圭吾 著)

 →http://www.amazon.co.jp/%E7%89%87%E6%83%B3%E3%81%84-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%B1%E9%87%8E-%E5%9C%AD%E5%90%BE/dp/4167110091