濱田諭のブログ

2012/12/11

法テラスについて

 浜田です。

 今日はブログの更新が遅れてしまいました。

 法テラスとは民事事件での弁護士費用の立替えや刑事事件の国選弁護人の選任等の業務を行っている国の独立行政法人「日本司法支援センター」のことです。

 僕は刑事の国選弁護人もやりますし、民事法律扶助の利用に関する契約を法テラスと契約しているので法テラスとの関係が切っても切れない感じになっています。また今年は民事法律扶助の審査委員もさせてもらっています。

 この法テラスですが、弁護士の中での評判は色々で批判されることも多いです。法テラスが積極的に予算を使って広報活動をしているため法テラスでの法律相談(無料)はいつも相談枠が埋まっていて何週間待ちでないと相談が受けられない状態である一方で弁護士会の法律相談センター(有料相談と無料相談がある)での法律相談は閑古鳥が鳴いていたりするのは民業圧迫でないかという批判もありますし、刑事事件の国選弁護費用が安すぎたり、費用の決め方が不合理だったりするという批判です。

 後者(刑事事件)については至極真っ当な批判で改善を強く望みたいところです。一方で前者(法律相談)の点については弁護士会の法律相談センターの方が広報を怠っていたところがあり、民業圧迫という批判に全面的に賛同するという気持ちにはなれません。

 法テラスが経済力のない方へのセーフティネットとして機能しているという点もありますので、刑事事件についても民事法律扶助についても利用者である一般の方、契約している弁護士の声を聞いて制度の改善を図っていって欲しいと思います。