濱田諭法律事務所のブログ

2017/03/10

宅地建物取引士証を頂いてきました.

 浜田です。

 随分とブログ更新を放置してました。すいません。

 一昨年度から宅地建物取引士の法定講習(5年ごとの資格更新の際等に受講しなくてはいけない講習)の講師をさせて頂いているのですが、私自身も宅地建物取引士の資格を有していますし(私が取ったときは宅地建物取扱主任者という名称でしたが)、1度は主任者証(現 取引士証)の交付を受けたのですが・・・。

 それが平成17年に司法試験に合格して平成18年4月から司法修習に行くにあたって、主任者証を持っていると兼業禁止にあたるのではないかとの噂を真に受けてしまい、登録自体を消除してしまいました。

 ただ後から消除する必要はなかったという事実に気づき、弁護士業務に余裕が出来た平成26年に再登録し、さて取引士証を交付してもらおうと思った矢先、顧問先の依頼で取引士向けの法定講習の講師を担当することになってしまい、交付の要件を満たすことが出来なくなってしまいました。

 講習の受講が交付要件なのに、講師だから受講できず、だから交付が得られないということです。

 そんなこんなで自分が講師を担当しない講習を受講する機会を狙っていたのですが、平成29年2月の講習でようやくチャンスが回ってきたというわけです。

 講習を受講した感想ですが、いつもは講師として立つ研修会で受講生に回ると講習会の色々が見えて非常に興味深かったです。詳細なコメントは角が立つので避けますが・・・

 無事に講習を終えて取引士証を頂き、やろうと思えば宅建業界でも働けるようになったということで(苦笑)。

 本音を言うと、この資格を復活させることにより実務上の知識を得る機会が増えれば、現在も行っている宅建業の某団体の顧問業務を行うに当たり、良い効果があるのではないかとの期待が大きいですね。

 ではでは。