濱田諭法律事務所のブログ

2013/03/29

長い?

 浜田です。

 僕が現在 受任している事件で最も古いのが平成20年の事件です。平成20年(ワ) ○○○号 ××××事件。

 この事件は某地裁支部に係属しているのですが、この支部で最も古い事件になっているようです。最近、この事件の期日で裁判官に会う度に「この事件は、うちの支部でダントツに古い事件なんで早く終わりの目処をつけないと・・・」と言われてちょっと気にしています(苦笑)。

 裁判は長くかかるというのが一般の方の感覚ではないかと思うのですが、僕の経験上1年もかからないで終わる裁判が結構多いという印象です(2?3ヶ月で終わるケースもあります)。1年すら「長い」と言われればそれまでですが・・

 裁判や調停が長引くと結果的に依頼者にお会いする機会が多くなるので、同じ目標に向かって協力している「同志」という感覚が強くなったりします。

 他の事件でも長期化しそうなものを複数抱えていますが、依頼者の方と一緒に共通の目標(その手続で得ようとする結果)に向かって努力していこうと思います。

 


2013/03/28

40歳

 浜田です。

 ついに40歳になってしまいました(苦笑)。「不惑」なんて到底いえない未熟者の私ですが、介護保険料を支払わなくてはいけなくなったようです。

 30代は劇的な環境の変化が多くてアッという間に過ぎてしまった感じで、特にここ数年、1年が経つスピードが速くなっている気がします。

 この調子で年をとるとすぐに50歳、60歳になってしまいそうです。

 弁護士業務以外での負担が少ないであろう40歳の1年間は、主に自分自身の能力を向上させるために使っていこうと思っています。

 今後とも私と当事務所をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 


2013/03/27

経費節減?

 浜田です。

 去年の途中くらいまで飲み会に行く→2次会、3次会と行く→タクシーで帰宅するということが多かったのですが、交通事故の影響や健康面での配慮から飲み会に行く回数をかなり減らしました。

 その結果、飲み会に行く回数が減り、深夜にタクシーで帰る必要もなくなり、その分も経費が節減出来てます。

 弁護士という仕事は非常に不安定で大きい金額が1度に事務所に入ることもあれば、相談や受任(事件として引き受けること)が少ない月は経済的にカツカツになったりします。

 年間通してみると事務所の売り上げや所得は落ち着くところに落ち着くのですが・・

 本来使うべき所(交際費も含めて)にお金を使わないというのは問題だと思いますが、無駄遣いをカットするのも必要なのかなと考える今日この頃です。

 

 

 

 


2013/03/26

ボ2ネタとゴ3ネタ

 浜田です。

 僕は朝、事務所に来てパソコンを開いて最初にインターネットにつないで確認するのがボ2ネタというページです。

 ボ2ネタは弁護士実務を行うにあたって有益な情報が多く集められているページです。http://d.hatena.ne.jp/bo2neta/

 一方、ゴ3ネタというのは弁護士周辺の軽い話題を集めたページで、たま?に見ます。

 http://d.hatena.ne.jp/go3neta/

 で、昨日たまたまゴ3ネタを見たところ、うちのページが取り上げられていたのでビックリ。弁護士の年度末という話題で取り上げて頂いたようです。有り難いことです。

 これからは、ゴ3ネタの方もちょくちょく確認しようかなと思っています。

 

 


2013/03/24

自転車通勤

 浜田です。

 とある事情で事務所まで自転車通勤を始めたのですが、自動車通勤と比較して5分くらいしか違わない(車の方が5分早く着く)というのが判明。

 それだったら自転車通勤でいいんじゃないという感じです。

 去年9月の交通事故以来、野球部も休部してしまい運動する機会がめっきり減ってしまった僕にとって、自転車通勤程度の運動は必要なのかなとも思っています。

 梅雨時で雨が多い時期であるとか強風の時とかは、また考えるとして、基本、自転車通勤で当面は頑張ってみようと思っています。

 ダイエットの効果もあったりして・・・

 


2013/03/22

ブログを書く時間

 浜田です。

 とりあえず平日の毎日ブログ更新が4ヶ月以上続けられています(多分)。

 ブログをホームページの中に設けたときから、ブログを書かなくてはいけないけど書くことがない(正確には、何を書いていいか分からない)という悩みに苦しめられてきました。

 しかし、ブログを書くのにかけられる時間はこれだけ、書ける範囲で書くという割り切りをしたら結構書けるものです。

 受任している事件の内容等については守秘義務があるので書けませんが、書こうと思えば書けるネタは結構あるものですね。

 ちなみに僕がブログを書いているのは事務所全体が昼休みに入っている時間で、前日に当日分のブログを書いています。例えば今日更新されているブログは昨日書かれたものということです。

 これなら書き忘れもないし、当日になって書かなくては・・・と焦ることもありません。

 ということで、たまには気合いの入った内容のものも書きたいという気持ちを持ちつつ、緩い内容でもよしと自分を許しながら長く続けていこうと思います。継続は力なり!?


2013/03/21

事務所でのダラダラ残業防止(自戒)

 浜田です。

 現在、自宅で1通起案を終えて、このブログを更新しています。

 自分で事務所を構えていると、いつまで事務所にいても誰に注意されるわけでもないので、ついダラダラと残業してしまいます。しかも昼間の仕事で疲れているので夜の仕事効率は高くないですし・・・

 自宅で仕事をしないことで仕事は事務所、プライベートは自宅と分けていましたが、自宅に帰って休養してから仕事をするというのも仕事の効率という面からも、健康面(夕食で外食をしないと栄養バランスが偏らない)からも良いのではないかと思い始めました。

 ということで、今後は事務所でのダラダラ残業はせず、極力、自宅で休養した後に集中して仕事をするようにしようかなと考えています。

 


2013/03/19

厄年?

 浜田です。

 最近、様々な災厄に見舞われています。昨日も、とあるアクシデントが・・・。

 数え年で・・・歳という意味がよく分かっていないのですが、実年齢はもうすぐ40歳です。

 前厄か本厄かではないかと思います。

 僕自身が災厄に見舞われても、家族や依頼者、顧問先にご迷惑をおかけしなければいいのですが、迷惑をかけてしまうことが多いので申し訳なく思っています。

 とにかく厄払いに行くことにします。

 


2013/03/18

弁護士向けの広告営業について(私見)

 浜田です。

 最近、事務所のメールアドレスにホームページを改訂しませんか、SEO対策をしませんか、こういうポータルサイトに登録しませんかと多種多様な営業メールが来ます。挙げ句の果てには本を自費で出版しませんかというメールまで・・・

 弁護士をしていて難しいなと思うのは「仕事をください」というメッセージを出すと仕事がないダメな弁護士だと思われて逆効果だし、かといって何もしていないとそもそも存在すら知ってもらえず事件を受任する機会からあぶれてしまうということです。

 facebookやこのブログを営業のためにやっている訳ではないですが、これらを通じて僕の人となりを知って頂いた方から相談を持ち込まれたり、案件を頂いたりすることもあるので営業効果がある程度あるのかもしれません。

 話が逸れました。

 弁護士向けの広告営業が増えているのはそれだけ弁護士が仕事がなくて困っていることの裏返しではないかと思います。溺れる者は藁をもつかむと言いますし・・・

 僕が一つだけ確信しているのは業者任せでその場しのぎの広告戦略をとっても効果は長続きしないし、費用対効果としてはかなり悪くなるだろうということです。どれだけお金をかけて立派なホームページを作っても作りっぱなしで更新しないと意味がないでしょうし、ネットを通じた集客にばかり期待して自分が外の世界に出て行かないと広告効果は薄れると思います。実際に人と接して自分の存在を知ってもらうという努力を怠ってはいけないでしょう。

 そして基本は1件、1件の相談、案件を誠実にやるということで、過去の相談者、依頼者からの紹介で仕事を取れるのが理想だと思います。

 弁護士向けの広告営業自体が悪いとは思いませんが、僕は、こういう風に考えています。

 

 

 


2013/03/15

文字化け

 浜田です。

 ここ半年くらい、電子メールを送信したら文字化けしていると受信者から「メールが文字化けしてて読めなかった。」と言われることが続いています。

 相手から来たメールに返信する場合にどうやら起こりやすいようです。なので出来るだけ返信の形ではなく新規作成の形で送信するよう気をつけているのですが、ついつい返信で送信することがあって・・・

 この点について、いつもお願いしている業者さんにパソコンやメーラーを確認してもらって改善してもらおうと思っています。

 メーラーを変えるのが1番いいのかもしれませんが・・・変えると使い勝手が悪くなるんだよな?。

 以上、愚痴でした(苦笑)。


2013/03/14

来年度の委員会配属(弁護士会)

 浜田です。

 来年度の弁護士会の委員会の配属がほぼ決まったようです。僕がどのような委員会に入っているかも僕が扱っている業務分野を知って頂くきっかけになると思いますので、書いておきます。

 業務改革委員会(弁護士の業務を拡大していこうという委員会です。対外広報についても検討しています)

 民事介入暴力対策委員会

 交通事故処理委員会

 消費者問題に関する委員会

 法律相談部会(法律相談センター運営委員会)

 当番弁護士部会(刑事弁護委員会)

 両性の平等に関する委員会

 雇用・生活問題対策委員会

 住宅紛争審査会運営委員会(来年度から初めて委員になります)

 全ての委員会にきっちり出席してがっつり活動するのは正直難しいので、メリハリをつけて活動していこうと思います。


2013/03/13

裁判員裁判の結果

 浜田です。

 僕とK弁護士(主任)が弁護人を担当した裁判員裁判ですが一昨日、判決が出ました。結果はこちら→http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=52197&catid=74&blogid=13

 検察官の意見を鵜呑みにして殺意を認定し、被告人の悪情状ばかりを考慮して量刑した不当な判決だと思います。

 被告人は控訴するでしょうが、控訴審では別の弁護人が担当することになりそうです。

 控訴審の弁護人には被告人との信頼関係を維持しつつ、原判決の破棄を目指して欲しいと思います。

 

 


2013/03/12

年度末恒例の・・・

 浜田です。

 年度末です。個人事業主の皆様、確定申告は終わりましたか?うちは2週間ほど前に終わりました。

 以下、ほぼ内輪ネタです。ごめんなさい。

 年度末恒例の・・・・・委員会報告を弁護士会に出さなくてはいけないことに今、気づきました。

 今年度は毎年恒例の宮崎法律税務研究会の開催、弁護士会ポケットティッシュの作成・配布、中小企業関連団体との意見交換会の開催と僕が委員長をしている委員会(業務改革委員会)が担当した仕事が多かったので報告書を書くのが大変そうです。

 報告書に加えて来年度の予算要求もしなくてはいけないので、来年度、委員会としてどのような企画をするのかも考えなくてはいけないので頭が痛いところ。

 日弁連や九弁連から付託された事項をこなすだけでは能がないし、かといってお金がかかる企画を立ち上げるとそれはそれで大変だし・・・

 最近、弁護士会の委員会活動全般にあまり参加出来ていないので、この委員会ではきちんと仕事をしないといけないなという意識はあるのですが、来年度は、どこまで出来るかな。

 なお、個人的には、来年度中に税理士会以外の他士業の団体とも共同で勉強会など出来ればいいなと考えています。他士業との連携は業務拡大のきっかけにもなると思いますし。


2013/03/11

自分へのご褒美

うなぎのせいろ蒸し


2013/03/08

裁判員裁判の審理終了

 浜田です。

 昨日の午前中で裁判員裁判の審理が終わりました。様々な不測の事態に見舞われた公判でしたが、何とか論告(求刑)、弁論まで終わったのでホッとしました。

 一昨日は午前2時過ぎまで主任弁護人と2人で弁論を作成していたので昨日の午前中は体力的に大変でした。

 それにしても今回の事件、検察官の求刑と弁護人側の量刑意見がこれほど離れるとは思わなかったです。一部否認事件なので仕方ないという面はあるにしても・・・。

 来年度になるとまた裁判員裁判の弁護人を引く可能性がありますが、今回学んだことや反省点などを次の事件の弁護活動に活かしていきたいですね。

 


2013/03/07

裁判員裁判の審理 3日目終了

 浜田です。

 昨日で裁判員裁判の審理3日目で終わりました。あとは今日の論告(検察官の求刑を含む)と弁論(弁護人の意見を述べるもの)を残すのみです。

 昨日の被告人質問、情状証人の尋問は問題がなかったと思うので、初日、2日目の証人尋問をどう評価して、裁判所(裁判員を含む)がどう事実認定して、どのような量刑判断をするのかが気になります。

 とりあえず今日の弁論で弁護側の意見に耳を傾けてもらって事実認定、量刑ともに弁護側主張に沿った判決を頂きたいところです。

 審理はあと半日(今日の午前中まで)。頑張っていきましょう。

 

 

 


2013/03/06

裁判員裁判2日目

 浜田です。

 昨日は裁判員裁判2日目でしたが、初日で証拠調べにおける裁判所(裁判長)の訴訟指揮がある程度分かったので、2日目の尋問では対応できました。尋問者は僕ではなく主任弁護人だったのですが・・

 前回担当した裁判員裁判と違って、今回は一部否認事件ですので(前回は自白事件)、法廷の中の雰囲気も違いますし、検察官の意気込みが違うように感じます。

 裁判員裁判は公判への準備が大変ですし、何日も事務所の予定が入れられなくなったりという苦労はあるのですが、学ぶことが多いですね。

 審理はあと1日半、判決は11日です。頑張っていきましょう。

 参考→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130305-00000174-mailo-l45

 

 

 

 


2013/03/05

裁判員裁判の公判スタート

 浜田です。

 昨日から公判が始まりました。初日から不測の事態が生じて大変でしたが、2日目の今日からは気持ちを切り替えていこうと思います。

 「不測の事態」の件については裁判員制度研究会に提出する課題が増えたということで・・・(苦笑)。

 昨日の公判での反省を活かして今日の証人尋問、被告人質問をやっていこうと思います。

 

 

 


2013/03/04

紛らわしい

 浜田です。

 先週、鹿児島にいる間から鼻水や喉の痛みに悩まされているのですが、この原因が風邪なのか花粉症なのか判別がつきません。

 去年も同じ時期に同じ症状に見舞われて、内科に行ったところ風邪なのか花粉症なのか判別がつかないと言われて、一応風邪薬を処方されたということがありました。そういえば一昨年も・・・

 元々は花粉症ですらなかったのですが、数年前から春先、鼻のかゆみ等の症状に見舞われるようになりました。

 原因はどちらでもいいから、早く症状が収まって欲しいなと思います。ちなみに風邪薬は飲んでます。


2013/03/01

課題の認識

 浜田です。

 昨日で経営革新等支援認定機関向け事業再生研修が終わりました。3日間に及ぶ研修は非常に有意義なものでした。

 弁護士業務をしていて経済的苦境に立った会社からの相談を受けた際、有効なアドバイスが出来ずに自分の無力さを痛感することが多かったのですが、少しずつこの分野での研鑽を積んできちんとしたアドバイスが出来るようになりたいとの想いを強くしました。

 今の僕には財務・会計に関する知識が不十分ですし、日常の業務で会社法を扱うことが多くないので知識や経験が十分でない面があります。

 自分をステップアップさせていく必要性と自分の課題を痛感したというだけでも、今回の研修を受講した意味がありますし、これからは日常業務をおろそかにすることなく今回感じた課題を少しずつクリアーできるように研鑽を積んでいこうと思います。