濱田諭のブログ

2018/08/23

不動産取引に関する近時の判例(備忘)

 浜田です。

 今日は某所で宅建業者の方と一緒に「判例トラブル解説」DVDなるものを視聴してきたのですが、基本の確認が出来て非常に良かったのです。

 紹介されていたケースのベースになっていた判例を備忘のために記載しておきます。

1.がけ条例に関する説明義務違反 東京地裁 平成28年11月18日判決

 関連判例  東京地裁 平成23年4月20日判決

2.消費者契約法第4条第2項に基づき不動産売買契約の取消しが認められた事例

 名古屋地裁 平成12年12月20日判決

 関連判例 東京地裁 平成24年3月27日判決 東京地裁 平成18年8月30日判決

3.宅建業者の行った建物明渡交渉が弁護士法72条違反と判断された事例

 大阪高裁 平成28年12月4日判決

 関連判例 東京地裁 平成26年6月13日判決(結論 否定)

4.売主が過去の集中豪雨に基づいて土地が浸水した事実を説明しなかったことが説明義務違反として損害賠償請求が認められた事例

 名古屋地裁 平成28年1月21日判決

 関連判例 東京地裁 平成19年10月30日判決(結論 否定)